fudge、閉店のご挨拶です。

  • 2019.04.04 Thursday
  • 01:32


長く可愛がっていただいたfudgeでしたが
2019.3.18.のあがた森魚ライブをもって閉店の運びとなりました

4月に入って、fudge(ファッジ)が入っていた興和産業ビルは
いよいよ取り壊しが始まっていて
ここには新しいオフィスビルがそびえ立つそうです。



オヨヨ通りと興和産業ビルを惜しんで、北海道新聞でも取り上げられました。







下に貼ったのは、オヨヨ通りに55年間存在して、札幌の文化を見守ってきた興和産業ビルの面影と
楽しく過ごしたfudge13年弱の思い出、記録の意味を込めて
撮りためた写真を繋いだスライドムーヴィーです。

BGMは、fudgeでも数多くのライブで楽しませてもらった札幌在住のギタリスト、
関ヒトシの1st.ソロアルバムより「峠の我が家」を使わせていただきました。

街並みの中で、ずっと通りに溶け込んでいて、あたりまえに思っていた建物も
ある日、そこを通り過ぎた時、跡形もなくなってしまっている。
そんな時、「あれ!ここにビルがあったよね! どんな形のビルだっただろう?」と思う事もしばしば….。
オヨヨ通り5丁目を想って
そんなことがあったときは、ぜひ このスライドムービーをご覧になってください。

オヨヨ通りで若き日を過ごし、たくさん遊び、学び、そして興和産業ビルの最期の13年間に
fudgeという店を続けるというご縁をいただいた原崎美也子の気持ちです。

ありがとうオヨヨ通り、
ありがとう興和産業ビル、
ありがとう!ファッジで楽しいひとときを一緒に過ごしてくれた皆さん、
手伝ってくれた仲間たち。
素晴らしいステージを繰り広げてくれた、尊敬すべきアーティストの皆さん!

そして、私の知らないうちにこのムービーをこっそり作り始めていてくれたのは
fudge常連の平山淳也さん。
心からの感謝を捧げます。

みんなの想いも、感謝も込めて Starting over to fudge next !




聖夜満月そして冬至でしたね。

  • 2018.12.24 Monday
  • 23:55

穏やかで柔らかな陽射しに包まれた今日の札幌です。
2018年も残すところあとわずかになりましたね。


今年も皆さまにはお世話になりましたが、fudgeは年内、29日土曜日まで毎日営業いたします。

今日24日はKapo curry 貸切の日。



明日25日は、音源持ち寄りの会。
どなたでも参加自由です。19時頃から。
参加費1,500円1ドリンク付き。
「星」「光」「月」などがテーマの曲があればお持ち下さいね。
fudgeの波動スピーカーで聴いてみましょう。もちろん手ぶらでもOKです。
おつまみなど食べたいものの持ち込みも大歓迎です。


29日は、ささやかに通常営業しながらfudgeのプチ忘年会にいたします。
冴子嬢共々、ゆるりとお待ちしています。


-------------


【 皆さまにお知らせ 】


既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、来年4月にfudgeが入居している興和産業ビルの取り壊しが決まりました。


東京オリンピックの年に建てられたというから、御歳54歳です。
54歳なんてまだまだこれから!と思うけれど、やはりビルとしては老朽化が問題になるようです。

オーナーの考えもあり、隣接した木造の建物ごと取り壊し、2年後くらいにはキラキラした立派なビルがそびえ立つそうです。


来年3月までは、ここでまた、皆さんと一緒にライブやイベントを楽しんでいくつもりですが、夜の営業日は少し減らしながら、次への準備をしていこうと思っています。


最終営業は3月の半ばになりますが、詳細ついてはまた、追ってご案内させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。


-------------


そして次の店舗は?とご心配をお掛けしていて心苦しく思いますが。
それに関しても、まだ未定な状態です。気にかけて空き店舗を見つけては教えてくださる方もいて、とても感謝しています。


よほどfudgeらしくフィットする空間との出会いがあれば、諸手を挙げて移転しますが、そうでなければ、お休み時間をいただくことになるかも知れません。


アンテナを立てて受信しているんでけれど、アンテナに引っかかってくれるかどうか、それは神のみぞ知るということで、半ば身を任せている状態です。


そんなご報告をしなければならないfudgeのクリスマスイブです。


皆さま、どうぞ豊かで心温かなクリスマスと年末をお過ごしくださいね。

10月のfudge。「No Maps」と共に、街並みの輪廻転生。

  • 2018.10.11 Thursday
  • 11:15

10月に入ったfudgeは
鬼頭つぐる、そして武蔵野ミニー、と
大好きな方々のライブに萌えに萌え
充分に蓄熱されています。

いつも来てくださる皆さんには感謝あるのみです。
それぞれのライブの様子です。


ところでfudgeのビルは今、時間の流れを感じるアートスペースになっています。


皆さん、「No Maps」をご存知ですか?
No Mapsは、北海道・札幌という象徴的な開拓の地で、
クリエイティブな発想や技術によって次の社会を創ろうとする
"現代的フロンティアスピリット"を持った人たちのためのコンベンションです。
狸小路5丁目をメイン会場に、会期は2018年、10/10〜10/14までの開催です。

そして、来年4月に取り壊しが決まったfudgeがある興和産業ビルの
階段室、5階フロアでも、No Mapsの一環としての 「new build 」の展示が始まりました。
イラストレーター相川みつぐさんの手により、意表をつく異次元空間に生まれかわっています。

5階のフロアには、かつて若者文化の発祥の地だった
「オヨヨ通り」の記憶を再現したアートが、壁一面に広がっています。

70年代のこの界隈を知っている方は、きっと懐かしさでいっぱいになると思います。

5階は18:00〜22:00まで。
階段のアートはfudgeや、4階のハリネズミコーヒー店がオープンしている時間なら、いつでも見れます。


人にあふれたいたこの界隈も、昔は木や草が生えていた自然の中だったはずで
そこが開発されて人の営みに使われ、そして古くなったら建て替えが始まり、
そしてまた壊されて行く。

命が生まれては消えていく。
街並みの輪廻転生を感じさせてくれるビルごとの壁画アートを
ぜひ!ご覧くださいね。




10月になってしまったので9月の振り返りを。

  • 2018.10.01 Monday
  • 12:06

あ〜、っと気づくとこのブログもすっかりと
ご無沙汰をしてしまっていました。

9月上旬の台風、そして6日の「北海道いぶり東部地震」から
大地も揺れるけど、心も揺れる。
それは、ゆりかごに揺られているような心地よいものではなくて
胸腺のあたりが切なくなる心の揺れ。

被災した方々のことを思うと本当に胸が詰まり
心からお見舞い申し上げます。

報告が遅れましたが、
fudgeの目に見える地震の影響は
ワイングラスが3〜4個、床に落ちて砕けていただけだったのが
とても有難かったです。

その二日後には、電気も開通してくれたので
三木まことバンド、Drive、Woops、ジャイアンリサイタルのライブは
予定通りに開けました。出演者とfudgeで相談してノーチャージでの開催です。
みんな、それぞれ安否報告が出来てよかった、とまずは胸を撫でおろしました。
札幌で活躍する4バンドが、ここに集ってくれてありがとう。
ジャイアン企画に感謝です。






札幌でライブを予定していたミュージシャンも、急遽キャンセルが多発して
大変だったようだけど
fudgeでは、9/1のしーなとシュウ、9/2のYANCY、と
どちらもfudgeゆかりの方々のライブを無事終えていたので
そこは、本当に良かったです。



9/15には、 前から楽しみにしていた夢和、fineの初 fudgeライブ。
アイリッシュならではの繊細で美しいハーモニーに、お客さん共々聴きいってしまいました。
プロデュースの丸井幸憲さんもベースでサポート。





そして9/25には、扇田裕太郎×冨田麗香のライブが。
扇田裕太郎クンは、2度目のfudge、冨田麗香ちゃんは初fudgeでした。
今も高円寺での、投げ銭ライブで身を立てているというから
そのパワーに驚きます。






先日は、音楽評論家の増渕英紀さんが、ひょこっと現れたりで
静かだったり、賑やかだったり
揺れに揺れたfudgeでした。

もちろん、ライブやイベント、Kapo curry のない普段の日は
まったり fudgeの通常営業を
楽しんでもらっています。


ぜひ、味をお運びくださいね。



fudge(ファッジ)
札幌市中央区南2条西5丁目
興和産業ビル3F
011-210-5011
日曜月曜定休日
19:00〜23:30


fudge同窓会

  • 2018.08.27 Monday
  • 11:05

fudgeオープン当初から
カウンターでえくぼを輝かせていてくれた真希ちゃんが
札幌を離れることになり。

昨日は、昔馴染みのみんなが久〜しぶりに集まって来てくれました。

みんなちっとも変わってない。
でも、みんな大人になっていて。

デジハリ時代の生徒だったり
音楽フリークだったり
みんなそれぞれの道を
しっかり歩いていて
みんな素敵にキラキラしていて。


これからも、自由に楽しく
自分らしく生きていってほしいな。
fudgeの歴史を作ってくれた
ファミリーは健在なりを感じて 嬉しかった。

昨日は来れなかったり
居なかったりしたみんなのことも
まとめてみんな
愛してます。

ありがとう。

こんな機会をまた作ろうね。

真希ちゃん、元気で行ってらっしゃ〜い!





7月のfudge ライブ情報ほかです。

  • 2018.07.01 Sunday
  • 18:09

7月初日を迎えて、今日は朝からしっとりどんよりなお天気です。

蝦夷梅雨に入った札幌なのでしょうか。


今月もまた楽しんでいただけるライブ、まったりゆったりな日常のfudge、そしてKapo Curryをどうぞよろしくお願いします。


*これからのライブ情報です。


■7/13(Fri.) 井上オハナライブ

■7/17(Tue.) 柳家さん生落語会

■7/27(Fri.) イソジンライブ

■7/28(Sat.) AIREAL plus 1st.album
「Monochrome」発売記念LIVE



■8/10(Fri.) 告井延隆・一人ビートルズ


fudge ライブ情報はこちら

fudgeイベント、営業日スケジュール



*かっぽうかぽうのKapo

7/1
7/9
7/16
7/23








斉藤哲夫ソロライブ

  • 2018.06.04 Monday
  • 10:54


6/1。斉藤哲夫ソロライブ。

至福感に溢れる
素晴らしいライブでした。

思い起こせば 哲夫さんと初めて出会ってから15年。
アスティ45に持っていたカラーのサロンMiiM で、 私としての初のライブイベント「John Lennon , Love You Live ! vol.1」を開きました。2014年のことです。

MiiM のスペースには、なんと!訳あってJohn Lennon のリトグラフを10枚程も飾っていて、(本物だけど預かりもの。)その中でカラーの仕事をしていました。
それを哲夫さんとさがみ湘さんが見に来てくれて、じゃここでJohn と一緒に歌おうか!という自然な経緯でJohn Lennon , Love You Live ! は始まりました。

まだ機材も何も持たない中での開催だったので、ハープの千葉ちゃんにSOSを出して無理を言って手伝ってもらい、
才谷屋のモーリーにも歌ってもらいました。
あのスペースをシェアしてカラーと占いのサロンにしよう!と声をかけてくれた
占いの五十嵐由家ちゃん(現上条由家さん)も、力を貸してくれて。

広いスペースだったので、お客さまの総数は66名と大成功。
忘れもしない数字です。

そこから、中野督夫、関ヒトシ、コテツ&ヤンシー、、、と、
どんどん音楽仲間の輪が広がり今のfudgeがあります。

7年前に、哲夫さんが突然倒れたのもfudgeのライブを前日に控えて、外を歩いている時でした。
さがみ湘さんもいてくれて、私の車で病院に運びました。
早かったので、とりあえず大事には至らず。
さまざまなことを乗り越えて、以前とは体の調子は全然違うよと言いながらも
体中から溢れる最高の斉藤哲夫の歌を聴かせてくれるようになった今。
至福としか言いようのない今です。

今の哲夫さんの歌に心震わせ
涙する人多数出現。
その訳がわかります。


哲夫さん、皆さんに感謝です。
心からどうもありがとう。













6月も fudgeは賑やかです。

  • 2018.05.26 Saturday
  • 16:53


さて。
気温の低い日々が続いている札幌ですが、fudgeは穏やかで暖かい微熱が続いてますよ。
いつもステキな方々が集まってきてくれていて、感謝しかありませぬ。



fudge 6月の予定です。



6/1(金)
斉藤哲夫ライブ
open 19:00
start 19:30
3,000円(ドリンク別)




6/16(土)
湯川とーべん&関ヒトシ、Chanoの夜祭@fudge
open 18:30
start 19:00
3,000円(1ドリンク付)



6/21(木)
インザウインド 47都道府県ライブ制覇記念 全国ツアー @fudge

(東日本大震災ありがとないツアー・since2011)
start 19:00

出演:インザウインド(from 福島) 投げ銭
要ドリンクオーダー
*かっぽうかぽうのKapo curry メニューあります。


6/24(日)
ターコイズヒップライブ
ゲスト:さかなやサニー

詳細未定




≪ 6月のイベント ≫




6/5(火)
持込音源をfudgeの波動スピーカーで聴く会
19:00〜
参加費 1,500円(1ドリンク付)
お持ちのレコード、CDをお持ち寄りください。今回のテーマは「宇宙」に関するタイトル、バンド名です。地球、月などもOKです。

6/20(水)
金継ぎワークショップ in fudge
14:00〜17:00
参加費1,000円(自生ルイボスティー付)

欠けたりひびの入った陶器やグラスなどを金継ぎで、新しく蘇らせましょう。
金継ぎ一つにつき1.000円


6/30(日)
恒例・ファッジの音響仕込み 「梅しごと」
16:00〜17:30 梅仕込み

参加費 3,000円(梅1キロ、自生ルイボスティー付)
主催:菜菜倶楽部 食生活改善運動 from 北海道
18:00〜 楽しい飲み会です。

スケジュールの詳細はこちらをご覧ください。

亜紀ちゃん's スリッパのお話し

  • 2018.05.26 Saturday
  • 13:32


「スリッパ (英: slipper) は、履物の種類で、「スリップ」の名のとおり、足をするりと滑らすように入れて履ける履物である。」


まさに足をするりと入れて履ける
そして足が包み込まれるような柔らかさ、軽さ。
そんな手作りスリッパをfudgeのライブの時に買ったのが三年前。
ライブでスリッパ?
そうなんです。

あまりの履き心地の良さに、 三年毎日履いて、とうとう破れてきてしまったので、
制作者ご本人に直談判、泣きついて
また作ってもらいました。




こちらは新しく届いた亜紀ちゃんスリッパ!
見た目も
可愛いでしょ?



こんな風に羽をつけちゃったりしたのは マイドーター。軽いから、ほんとに飛んで行けそう?


「亜紀ちゃん」は鈴木亜紀ちゃん。
ピヤノ弾き語りのあの亜紀ちゃんです。

写真も撮って、エッセイも書いて、もちろん音楽は楽しんでいて、そしてこんな人に優しいスリッパを作っちゃうなんて。
亜紀ちゃんステキ、ありがとう(^o^)! わたし、ほかのスリッパはもう履けませ〜ん。


八重山、島ぬ歌者ご来店でした。

  • 2018.05.26 Saturday
  • 02:29
今夜のfudgeは
沖縄八重山、島ぬ歌者の第一人者大工哲弘さんと そのお弟子さまたちが お集まりでした。

長い方はもう20年もお稽古をつけてもらっているとのことで、まるで家族のような仲の良さです。
明日の新ひだか町での大工哲弘ライブにも同行されるそうです。

サッポロクラシックが大好きという大工さん。お弟子さんからのプレゼントTシャツに身を包み、早速クラシックで乾杯です。



明日はここでライブです。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

Rockin’with Monsieur
Rockin’with Monsieur (JUGEMレビュー »)
ブルーズ・ザ・ブッチャー&ムッシュかまやつ

recommend

NSO
NSO (JUGEMレビュー »)
The Nature Sound Orchestra

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM