• 2014.01.14 Tuesday
  • 09:44
fudgeでは3回めの「幹」ライブ。
2014年幕開けのライブには相応しい、心震えるライブでした。
今回は、キィボードの佐藤達哉(aikoのバックで紅白にも出場、LINDBERGのサポートメンバー)、
パーカッションのmiujiというバッキングメンバーがいてくれて
幹もゆるやかに伸びやかに肩に力も入らず
等身大のうたを聴かせてくれました。
「空から降ってきたのはミサイルじゃなかった」
「ハレルヤ」・・・。
今日、札幌の雪をみて作ったといううた
<雪のサンゴ礁が咲いている・・・♬>を、アカペラでうたったり。
久しぶりの幹ちゃんには、前回よりも大人の雰囲気が滲んでいたな。
音に深さも出て、ますます楽しそうだし
ますます真摯だし。
うたっていない時でも
幹ちゃんと話していると突然、涙が出てきたりするのは今だに<怪>です。
幹 打ち上げ
打ち上げにも、たくさん残ってくれて楽しく語り。
仮設住宅に毎月うたいに行っている話などを聞き
札幌にいる自分とは温度感が違うのは否めないけれど
それぞれのポジションで、今できることをやっていくこと。
それしかないな、と思います。
幹 はるにれ
翌日は、朝から江別市の「介護老人保健施設はるにれ」さんへ。
「青い山脈」「こぎつねコンコン」など、思わず口ずさむお年寄りからも
よかったよぉ!と悦びの声をいただいて質問攻めにあう幹。
miuji
miujiクンの手彫のジャンベ、存在感ありです。
 
月夜
ベンチ
その後、cafe tone さんでも演奏をご披露して
最終日には定山渓。
知る人ぞ知る、ぬくもりの宿「ふる川」別邸で
宿泊のお客さまへの大サービスライブです。
お風呂あがりの寛ぎタイムに、皆さん作務衣を来て
ホールに集まってきます。
羨ましい限り!の贅沢な時間と思います。
よ〜し、今度は私も宿泊せねば・・・の想いで
後ろ髪を引かれながら帰路につきました、とさ。
幹 
今年も、幸先の良いライブのスタートをきれました。
幹ちゃん御一行様、ありがとう!
これからも、東北との繋がりはもちろん、
みんなが幸せな気持ちで過ごせる日を一日でも多くつくろう、と。
みんながそう想っていれば、きっときっと、
時代は、世界はもっとよくなれる、と妄想<imagine>しています。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

Rockin’with Monsieur
Rockin’with Monsieur (JUGEMレビュー »)
ブルーズ・ザ・ブッチャー&ムッシュかまやつ

recommend

NSO
NSO (JUGEMレビュー »)
The Nature Sound Orchestra

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM