今更だけど   John Lennon, Love You Live!! 2014.12.5.のこと」

  • 2015.01.07 Wednesday
  • 21:12
テレビ塔
それは雪もまだ積もり始めたばかりの満月の夜でした。

今年も歌いた〜い、と名乗りを上げてくれたa nieky a go go こと
ワシントンさん、いえ山浦智生の一言で開催日が12/5に決まりました。

John Lennonの没後、もう34年が経ったけれど
未だに残っているあの記憶。
主夫生活でしばらく音を出していなかったJohnが久しぶりに出したアルバムで
世の中は浮足立った。年末クリスマスも控えていたし、なおのこと。

Johnが戻ってきてくれたから
もうこれからは、何があっても大丈夫〜〜〜!!
そんな気持ちで「Double Fantagy」は毎日聴いていたな。
yokoの奇声はどうしても好きになれず
飛ばす(レコード針のことです。)ことがほとんどだったけれど。



それから2ヶ月も経たないうちにあのショックな事件です。
当時、文学座にいた友人からの電話で知らされた。
昼下がりの時間だったと思うけれど、
信じられない気持ちでテレビをつけてもまだ速報も出ていない。
そうこうする内に、テロップで活字として流れだし、ニュースにもなり。
茫然自失だったな。


部屋に篭もって、ジンか何かを一人呑んでいたけれど
夜中になってから、いたたまれなくて3条界隈に出かけていった、という
あの日の記憶は、拭えないです、一生ね。


それから、時間は経って、いろんな人との出会いも
想いが絡まるような体験も重ねて
11年前から始まった
「John Lennon,Love You Live !!」。

今年は関ヒトシ、a nieky a go go 、佐々木新、武部悟、松永麻美というメンバーで
層も厚く、音の幅も、輪も和も拡がった
とても嬉しい素敵な一夜になりました。


ここまで続いたら
もうJohn に対しての追悼というよりレジェンドとして褒め称える
そして、一つのテーマに絞り込んで音を作りこんでみるという
新たな挑戦の場としてもいいのでは、と思います。

実際、「新曲」と称して、John の曲を新たなアレンジで
仕込んでくれている関さんの掘り下げ方は素晴らしいし。


若手ミュージシャンの中ではビートルズを聴くチャンスがない、というコ達もいたりして
ここで聴くきっかけをもってくれたら、それも嬉しいな、と思ったりしています。


参加してくれたミュージシャンの皆さん、一緒に愉しんでくれた皆さん。
今年もどうもありがとう。

a nieky a go go
佐々木新・武部悟
関・新・アニ・武部
フルメンバー
モッコリー
遊びに来てくれたMoccoly〜。どうしてこんなに可愛いのじゃ~~?
フルメンバー
一人増え、二人増え・・・。あら、新ちゃんと麻美ちゃんはどこ?
二人を探せ〜〜。
メッセージカード
メッセージカード
*この日の益金の一部は
札幌北楡病院小児病棟に入院中の子供たちのクリスマスプレゼント用に
絵本と姿を変えて、寄付させていただきました。
皆さんからお寄せおただいた、たくさんのクリスマスメッセージカードも
夢いっぱいのコラージュスクラップブックとなって、子供たちの手に渡りました。
ありがとうございました。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

Rockin’with Monsieur
Rockin’with Monsieur (JUGEMレビュー »)
ブルーズ・ザ・ブッチャー&ムッシュかまやつ

recommend

NSO
NSO (JUGEMレビュー »)
The Nature Sound Orchestra

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM