fudge・秋のスペシャルプレゼント!温泉宿泊限定5組様 ご招待!!

  • 2014.08.21 Thursday
  • 12:47
しばし、ブログのアップができないままでおりました。
嬉しい出来事、楽しい出来事、
ちょっと切なく、応援していた人々、ことなど。
皆さんと同じように、いろんなことがありました。
嬉しい事は追々、おしらせしますが
今日は日頃の感謝を込めて。

fudgeからのスペシャルプレゼントのお知らせです。


8月27日(水)
朝里川温泉宏楽園 入浴・夜咄ライブ付き一泊無料ご招待いたします。(一般客室食事なし)
ペア5組様限定です。


露天付客室(食事なし)はお一人様5,500円(税込)にて。
夕食は別途お一人様7,660円(税込)、
朝食お一人様2,160円(税込)

http://www.otaru-kourakuen.com/

毎月一度、好評開催の宏楽園ロビーコンサート。
今月で3回めになる宿泊のお客さま向け限定夜咄ライブは
杉田知子・矢崎有佳のバイオリンとピアノの豪華デュオ。

杉田知子 夜咄ライブ

温泉で体を休めた後に
食後酒でも傾けながら
しっとりとした上質の音楽をお楽しみ下さい。

ご希望の方は
info@fudge-miim.comまでご連絡下さい。
先着優先になりますので、
ご了承くださいませね。

決めた!

  • 2014.01.21 Tuesday
  • 07:15
優柔不断な私、
なかなか決められない事って
世の中、多いけど
やっと決めました。

ディランは見に行く。聴きに行く。
生涯初だし、札幌だし。

でも、決めました。
ストーンズは行かない。

3回見たし。聴いたし。感じたし。


ストーンズのバンド名は
この曲から。
一度だけ競演もしているのです。


Muddy Waters / Rolling Stone



 

「こはくうたひ」

  • 2013.08.12 Monday
  • 01:04
こはくうたひ


お休みの夜。
届いたゆげみわこの
「こはくうたひ」を聴く。

胸も洗われる
美しい声と演奏、
アレンジの心地よさ。
聴くほどに
心のふるさとに
染み渡ります。

「魂語り」の「こはくヴォイス」とは、
流石プロデューサーの増渕英紀さん、
ぴったりの表現です。

演奏は関ヒトシ、扇柳トール、
松永麻美。

スペシャルサンクスには
ファッジの名前も載せてもらっていました。

ありがとうを云いたいのは、
こちらの方だわ。

札幌でのレコーディングの度に
ファッジで
ナイスライブを楽しませてもらいました。

良い思い出をありがとうございます^_^

8月3日、「In The Wind」がfudgeに!

  • 2013.07.25 Thursday
  • 16:58
 

福島からやってくるユニット
「In The Wind」のライブが急遽、決まりました。

「In The Wind」
菊地美一(ボーカル・ギター)
菊地陽子(ボーカル・ピアニカ)

ファーストアルバム「ありがとない」のレコ発北海道ツアーの一環ということです。

「夫婦で作るオリジナル(主に、菊池陽子さんが作詞作曲)生活に根ざしたテーマを、わかりやすい言葉と、心に滲みる歌声で表現。特にその歌詞からh『風景が見える』と、多くの人に支持されています」 〜「In The Wind」プロフィールより抜粋〜



8月3日(土)
20時頃から

今回は普段通りの営業中の「投げ銭ライブ」、
ライブチャージはありません。



「In The Wind」のオリジナル、
吉川忠英プロデュースの「赤とんぼ」http://youtu.be/jHXV8LLOqfsの音源を聴きました。

神野美伽がカバーして
メディアでもじわじわと取り上げられているというこの曲、
一度聴くと耳に残る温かい曲です。

このお二人の美しいハーモニーを
ぜひ聴きにいらしてくださいね。





fudge一押し! 札幌発女性ハーピスト、松永麻美。

  • 2013.02.28 Thursday
  • 19:31
 
fudge一押し!札幌で活動する女性ハーピスト。
松永麻美のホームページとフライヤーが出来ました。
harp-asami.jimbo.com


待つ穴g



fudgeのライブ時にも飛び入りの登場頻度は高いですし
白石区のオンザロードでハープ教室も開いています。

聴いたことのある方も多いのでしょうけれど
まだの方は、きっと聴きに来てくださいね。

石巻へ

  • 2012.11.13 Tuesday
  • 23:28

 今月初旬。
私にとっては初の東北へ行くチャンスをいただきました。

「つながろう!北海道!」でご縁をいただき
石巻市雄勝町の万照寺さんで幹の歌を聴いてもらうことになり。

ならば私達も北海道から応援に行こう!ということになったのです。

満照寺

仙台空港からお迎えの車に乗せてもらい
走ることおよそ2時間弱。
大川小学校を左手に見て
そこから山間に車はどんどん登っていきます。

暖かい空気に包まれた彩りも深い
こんもりとした緑の中に万照寺はありました。

このお寺にご縁のあるKさんのお計らいと
幹の歌を雄勝の人々に聴いてもらいたい、
雄勝の山や海に、幹の歌を流したいとの思いから実現したこのライブ、
近隣にお住まいの檀家さんがたくさん足を運んでくださいました。


幹 満照寺

幹 満照寺

「埴生の宿」から始まり
「ランプ」「光」など、
もうすっかり幹と一つになっている歌が本堂に響き、聴く人の心を打ちました。

貫梁さん

満照寺の貫梁和尚さま。
暖かいお人柄、優しさがお話の隅々に溢れ、心にしみます。


幹ライブ

札幌勢、地元の方々とご一緒に。
着いた時からお寺を離れるまで、
本当に手厚いおもてなしをいただきました。


ご詠歌


これはご詠歌の歌詞本。
仏教の歌、キリスト教で言うと賛美歌のようなもので、
なんとさだまさしが作った歌もあるそう。

貫梁和尚は幾つかを歌ってくれた後、
幹ちゃんに譜の読み方を説明してくれます。

私の父は札幌の中央寺に祀られていて
満照寺も同じ曹洞宗だということで
ここでも得も言われぬ親しみを覚え
繋がりを深く感じてしまいました。





万照寺は小高い山の上にあるため被災は免れましたが
近隣にあった五寺のうち三寺が流されてしまったそう。

寺が流される、っていうことがどういうことかわかるかい?
深く優しく研ぎすまされた声で、
時に涙声で貫梁和尚は話してくれました。



ここではとても言い尽くせない
深い思いを受け止めながら
これからどうして生きていくのかということをずっと考えていました。

それぞれが置かれた自分の立場で
縁をいただいた方々と携わりながら、
前を向いて精一杯の人生を生きていく。

そうすることしか、今の私には思いつかないけれど
雄勝の方々と幹ちゃんをつなげることができた。

貫梁和尚は、幹のライブを
お寺の外のスピーカーから
山合いのお墓や津波に襲われた海岸淵へ向かって流していたそうです。

幹の歌が石巻の土地や大気に流れるイメージをもっていたので
このお心配りには、本当に心を打たれたし、
雄勝の方々、満照寺の方々の
暖かい心に触れさせていただいて
人としてこう生きるべきなんだということを
目の当たりに見せていただき
逆に力をいただいてしまいました。

またここに「帰ってこよう」。
なぜかそう感じてしまい、
次に繋いで行く事の大切さをも受け止めた貴重な一日となりました。



お堂で響いた歌。
東日本大震災復興キャンペーンのテーマソング
『光』
ここで聴けます。


John Lennon,Love you Live !! vol.8

  • 2011.11.26 Saturday
  • 04:21
 

今年もまた、この季節が来ました。

切ないことが沢山ありました。
でも、日々の暮らしの中で感謝し切れないほどに
嬉しいことも、楽しいこともあったのです。

人生は帳尻が付くようになっているんだよ、と
13歳から付き合っている女友達は云います。

切ないことも、切なくなくなるように、
今日もちゃぁんと生きていこ。

きっと、みんな大丈夫!
いつかみんな一緒に笑えるように!!


John Lennon、Love you live!!


John Lennon,Love You Live !!

12/18(sun.)
open 18:30
start 19:00
3,000yen  (with 2drinks)


関ヒトシ(g.vo.)
中島サンペイ(g.vo.)

佐々木新(g.vo.)

春猫(pf.vo.)

松永麻美(harp.)



関ヒトシ  〜Motto Bluez Open F♭ Vol.1〜

  • 2011.06.06 Monday
  • 17:23





さ〜て、我らが関ヒトシの楽しい楽しいブルース遊び♪?が始まります。
第一回目は、服田洋一郎さんやDJ,taka-p・・・・をお迎えしての
熱い夜になりそうですよ〜。





6月10日(金)

KRAPS HALL Presents’     DAZ Global beats シリーズ

Motto Bluez Open FVol.1 "

  

出演:関ヒトシ

   ハーバーライツwithフレンズ

   DJ:taka−p(長崎貴裕)

ゲスト:服田洋一郎

 

OPEN/START  19:00 

前売¥2,000/当日¥2,500(1drink¥500別途)

 

チケット取扱 ローソンチケット Lコード16239

 

会場:クラップスホール

札幌市中央区南4条西6丁目5番タイムズステーション札幌1F

 

お問合せ:011−518−5522(クラップスホール)

 

※クラップスホールへ直接お電話頂いてもご予約可能です※



関さんと西岡恭蔵の「プカプカ」'98



魔法を信じる!

  • 2011.03.26 Saturday
  • 12:21


 

そう、私は音楽の力、魔法の力を信じるよ。

なんにも出来ない・・・なんてことはない!

歌う人は歌って、踊る人は踊って、感じる人は感じて・・・・。


今日のfudgeは 久しぶりのライブ!

和服を来た私と、和服コーディネートのfudgeスタッフがお出迎え。


和服割引もあり!よ。







【題名】SHOWa 3/26「甘き昭和歌謡の夕べ」

【日時】2011年3月26日(土)開場19時 開演 19時半

【会場】fudge(ファッジ)

【住所】 札幌市中央区南2条西5丁目 仲通北向き 興和ビル3F

【出演】スランプkohe及川&ひまなスターズ

【料金】前売¥3,000(1drink付) 当日¥3,500 (1drink付)
     ● 和装にてご来場のお客様は10%offとさせていただきます。

【問い合せ】TEL/FAX : 011-210-5011 (ファッジ)

    E-mail : info@fudge-miim.com(ファッジ)


【参考】http://www.fudge-miim.com/access.html




【ご案内】

ここにきて、
個人的に盛り上がっている昭和歌謡。
ぼく自身が、おもに作詞屋として、
それにかかわってきたのを、
忘れかけていたものだから。
ちょっとばかり思い出してみようかと。
いや、今ぼくが歌っているのも、
昭和歌謡と言えるのかもなあ。
遊びにきてくださいな。
               スランプ及川







やっぱり繋がるね。

  • 2011.01.25 Tuesday
  • 01:24
 
今日のお客様。
北向き中通りのぐさぐさな悪路を乗り越えて
階段を三階まで。

迷宮fudgeへようこそ!!


去年の冬に湯川トーベンさんと一緒に来てくださった三国直文さん。
今夜は東京から2回目のご来店。

彼はfudgeの入っている超レアでレトロな興和産業ビルの1F、
かつてあったグヤトーンで、かなり昔にアルバイトをしていたそう。

1Fの東京サウンドのS野さんとは、もう
長いお付き合いだそうだし、
fudgeでは、毎年ライブを展開してくれている
小山卓治さんのアレンジャーをしていたり。

三国さん曰く、このビルは僕の原点のようなもの。
今まだここにあるってことの方が、奇跡に近いよ、と。

そして、この方、三国さんは
私が昔、オヨヨ通りでお店を手伝っていた頃の
お客さんの仲間だ、というし、
日本のロックバンド「クリエーション」の
キーボードミック三国だ、ということを知ったのは
「じゃ、またね!」と
fudgeの階段を降り始める頃だったのです。



で、もう一人のお客様。

カラーの同業のKさん。
かつて、学校の講師会などで、何回か顔を合わせたことはあるけれど
親しくお話をしたことはなくて。

でも、今夜、ご縁があって
fudgeに来てくれて。

なんといっても気に入ったのは
気さくな人柄、飲みっぷり!!

お酒を飲まなくたって、大好きな人はたくさんいるけれど
酒席での姿は、その人の本質が見える、と私は思っている。

そういう意味でも、
楽しくがばがばと杯を重ねるけれど、
乱れず崩れず、笑顔満面!

うん。
とても素敵な仲間が出来るかもしれない、という
嬉しい予感。

そうだったら、いいな!





calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

Rockin’with Monsieur
Rockin’with Monsieur (JUGEMレビュー »)
ブルーズ・ザ・ブッチャー&ムッシュかまやつ

recommend

NSO
NSO (JUGEMレビュー »)
The Nature Sound Orchestra

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM